人気記事ランキング


タグ一覧



月別アーカイブ


Original

Workplaceのデザインが新しくなります!

2019年4月30日に、Workplace by Facebook の新しいデザインがリリースされました。現在は、管理者のみが利用できる状態で、管理者以外のユーザーには2019日6月5日より提供開始予定です。2019年8月5日に全面移行となる前までは、管理者もユーザーも、新旧Workplaceを切り替えて利用することができます。


管理者のみなさまは、ぜひ、新しいUIを早めにお試しいただき、ユーザーへの展開に備えていただくと良いでしょう。

今回は、新しいWorkplaceについて、ご紹介していきます。


新旧Workplace、徹底比較!

今回の新デザインのキーワードは、”More Focus, Get More Done” 、より業務に集中して、効率的に仕事を終わらせよう!いままでのWorkplaceの何がどのように変わったのか、具体的に見ていきましょう。

【ホーム画面】:メニューがシンプルでより直感的に


各種メニューが、左サイドにまとまり、よりシンプルで直感的なデザインに刷新されました。主なメニューは、[ホーム] [お知らせ] [チャット] の3つに集約。グループやユーザーの一覧、ニュースフィード、組織の情報も、それぞれのメニューの中に収まりました。

[ホーム] 画面から、[お知らせ] や [チャット] 画面への遷移も軽く、スムーズです。

画面全体の色合いもトーンアップし、よりフラットなデザインに感じられます。


【チャット】:もうチャットの新着通知に邪魔をされない


いままで、新着のチャットメッセージがあると、ポップアップでチャットが表示されていたため、すぐに気がつけるという利点はありながら、集中力が削がれてなかなか業務が進まないという悩みもありました。
新しいWorkplaceでは、同時に複数のチャットが立ち上がることがなく、また通知のオフも簡単になったため、集中している業務に割り混みが入る心配がありません。


【グループページ】:グループの投稿とチャットの行き来がスムーズに


いままでは、グループとチャットへのアクセスはそれぞれ異なるメニューボタンに分かれていましたが、グループに紐づいたチャットグループに関しては、グループページからでも簡単にアクセスできるようになりました。


【カスタマイズ】:画面を極限までシンプルに


左右のサイドバーをたたみ、極力シンプルな画面にすることも可能です。これにより、通知やチャットなど、目の前の業務を妨げてしまう要素を排除し、より集中して業務を当たることができます。


【お知らせ】:画面を遷移することなく、関係する情報を一度に確認


いままで、任意のお知らせをクリックして確認できるのは、コメントやリアクションのついたスレッドのみでしたが、今回の変更により、同じグループ内の前後のスレッドも同じページで確認ができるようになりました。


新旧Workplaceの切り替え方法

新しいWorkplaceが利用可能になったのちの初回アクセス時、新しいWorkplaceの案内が表示されますが、一度新しいWorkplaceに切り替えたあとでも、2019年8月6日までの間は、新旧Workplaceを切り替えて利用可能です。


新しいWorkplaceに切り替える場合

画面右上の [?] アイコンから [切り替える] をクリックします。



従来のWorkplaceに戻す場合

画面左下の [?] より [切り替える] をクリックします。


なお、2019年8月5日をもって全ユーザーが新しいWorkplaceへ移行し、従来のWorkplaceへの切り替えは利用できなくなります。


まとめ

今回の変更により、Workplaceが ”More Focus, Get More Done” 、より業務に集中して、効率的に仕事を終わらせよう!というテーマに舵を切ったことがよくわかりました。

いままでのWorkplaceの画面には、多くの情報が盛り込まれ、チャットやお知らせの通知がむしろ、集中を妨げてしまうこともありました。今回の変更で、多くの情報はそのまま、しかしシンプルに集約され、目の前の業務に集中を保ちながら、よりスムーズでシームレスな操作感を実現しています。

また、アルゴリズムのアップデートも合わせて行っており、より高い精度で、必要な情報が必要なときに確認できる仕組みへと、進化をしています。

やはり、最初は慣れの問題があるかもしれませんが、コンセプトに気がつくと、大変快適に利用することができるでしょう。管理者のみなさまは、ぜひいち早く新しいWorkplaceをお試しいただき、社内での利用促進に備えていただければと思います。