人気記事ランキング


タグ一覧



月別アーカイブ


取引先とより良い関係値を築く5つの方法

ほとんどの業界において、取引先とよい関係値を築くことは不可欠です。では、どのように効果的な関係を構築し、より良いコラボレーションを行うことができるでしょうか?いくつかのヒントをご紹介します。

取引先やパートナー企業と、長期的で、良好な関係を築くためには、信頼とコミュニケーションが必要です。しかし、当初からよい関係値を確立する、もしくはすでにできてしまった取引先との関係を改善する、最良の方法とはどんなものでしょうか?


1. 契約内容をきちんと理解すること

あなたと取引先との間の契約は、両者の関係値の基盤を形づくるため、透明性のあるビジネスコラボレーションのためには必要不可欠です。取引先が何を、いつ、提供してくれるのか、それらを理解し、その条件を満たすことができるのかを明確にします。契約は自社の視点を保つようにしましょう。取引先パートナーには、彼らが何を提供する必要があるのかの情報を共有し、合意を得た支払い条件を常に満たすようにします。


2. コラボレーションツールへの投資すること

適切なツールは、あなたと取引先サプライヤーとのコミュニケーションを促進するために重要です。議論したり、計画を立てたり、お互いの情報を共有することが、良好な関係を築くための鍵です。

Workplace のようなプラットフォームは、取引先サプライヤーや他のサードパーティーとのより緊密なパートナーシップを構築する強力な方法です。 会社間グループのようなツールを使用すると、外部チーム、パートナー、そして顧客とも、セキュアな環境で共同作業することができます。また、簡単な文書共有やサプライヤーとの日常的なディスカッションの記録も可能です。これは、関係を深め、効果的にコラボレーションする重要な方法です。


3. すぐ問題に対処すること

問題が発生したとき、サプライヤーが原因だと思い当たっても、それが関係を損なうかも知れないので何かを言うことが憚られる、と感じるかもしれません。しかし、それは間違いです。問題が発生したら直ちに問題に対処することで、あなたや取引先両方にとって、問題がまだ芽のうちに摘み取ることができます。


4. 正確な記録を残すこと

すべての議論が一つのプラットフォームで継続的に保存されている場合、両者の責任を把握するのが容易になります。これにより、問題が発生した場合に、どこ原因があるのかを簡単に確認することができます。

何かがうまくいかないときに、誰かを非難するのは簡単です。しかし、会話を記録しておけば、齟齬を減らし、両者のコラボレーションを強化できます。


5. 一緒に働くことを楽しむこと

あなたの取引先サプライヤーと自社を位置づけ、ビジネスパートナーシップとして関係値を見ることで、どちらのビジネスにも高い確率で目標を達成できる可能性があります。ビジネスコラボレーションの強化は、より高い生産性とイノベーションのための可能性を意味します。パートナーとの取り引きの目的が、コストと価格の引き下げであったとしても、のちにより大きな恩恵となる、サプライヤーへの忠誠心を高めることにもなります。関与しているすべての関係者にとって、コラボレーションを促進することは両者にとって win-win です。

取引先サプライヤーとパートナーを管理することは、時間のかかるプロセスです。フルタイムの仕事になり得るくらいでしょう。新しいツールや仕事のやり方が人々の働き方を変えるとき、外部のチームとのつながり、エンゲージメント、コラボレーションがこれまで以上に重要になります。

これを可能にする働き方を見つけましょう。そして、人々が毎日使っているビジネスツールと統合するプラットフォームを試してみてください。そうすれば、取引先サプライヤーと長期的な関係を構築する新しい方法を見つけることができます。