人気記事ランキング


タグ一覧



月別アーカイブ


Original

企業におけるミレニアル:彼らを幸せにする秘訣

ミレニアムは未来の働き方の鍵を握っていますーあなたの組織の中で、どうしたら彼らにアットホームに感じてもらうことができるでしょうか?

デジタルテクノロジーは、1960年代〜1970年代にオフィスで働いていた人にはほとんど想像できないような職場環境を作り出しました。一方、テクノロジーとともに成長した人々、すなわちミレニアルの働く姿勢にどのように影響を与えているでしょうか?


ミレニアルとは?

定義はさまざまですが、ミレニアル(Y世代とも呼ばれます)とは、1980年から1995年の間に生まれた世代のこと。FacebookやInstagramなどのコミュニケーションプラットフォームとともに育った世代です。KPMGによれば、現在、彼らは英国の労働力の35%を占めています。


どうすれば彼らの満足度を保てるか?

この世代は、それ以前のベビーブーム世代やX世代、まさにいま彼らの上司にあたる世代とは、異なる姿勢と期待を持っています。

イノベーションマネジメントの専門家Kateryna Bondar博士は、彼らは雇用の柔軟性、チャレンジングな課題、目標への参加を望んでいると説明しています。これは新しい働き方であり、管理職に対してはチャレンジングな姿勢とも言えます。

よって、Y世代が未来の働き方であることを考えれば、どのようにしてこの課題に対処し、職場においてミレニアム世代の満足度を保つことができるでしょうか?


強みを発揮すること

この世代はソーシャルメディアをよく理解しており、複数のコニュニケーション手段を容易に使いこなしています。彼らは、オープンな文化と、業務中にこれらのツールが利用可能であることを期待しています。

これは、Y世代が Workplace のようなコラボレーションツールに自然に馴染むことができる理由の1つです。それは、彼らにすでに身近な方法で、もはや生活においても不可欠になっている常時接続のコミュニケーションを提供するツールです。

適切なツールは、彼らにとって大きな価値となる、誠実で信頼できる文化を実現にするのにも役立ちます。 ミレニアルのソーシャルメディアスキルを活用すれば、自社のオンラインコミュニティを強化することもできます。


挑戦すること

Y世代は、自身の成長やキャリアアップを可能にする業務を好みます。そこで、彼らのスキルセットと知識を踏まえて、進行計画を立てましょう。これは、それぞれの成長に大きな満足感をもたらします。さらに若いチームが引き続き新しいスキルを発揮し続けると、組織全体にも優位性がもたらされます。


柔軟であること

雇用市場の流動性は、ミレニアルの職場環境への姿勢に反映されています。彼らは仕事をする場所を選びたいと思うかもしれませんが、それは必ずしもオフィスを意味するものではありません。

テクノロジーは彼らに必要な自由を与えることができ、適切なコラボレーションツールを使用することで、人々がどこにいても素早く、簡単にコミュニケーションできるようにします。



長期的な支持を得る文化を築くこと

彼らは、長期的な雇用保障を期待していない世代で​​す。41%のミレニアルは、一つの仕事にとどまるのは2年以内と考えていて、対するX世代はわずか17%です。彼らは他の場所でチャンスをつかむという利点をとります。つまり、彼らが積極的に参加し、成長できる文化を築くことが重要です。

クリエイティビティや、貢献度、パフォーマンスを評価することで、これらのチームプレイヤーとの関係が強化されます。

そして、彼らが会社を離れることになっても、ぜひ連絡を取り続けてください。彼らに”卒業生”ネットワークの重要な部分を担ってもらいましょう。重要な企業イベントにも招待しましょう。そうすれば、良好な関係が続き、みんなが満足する結果となるでしょう。