人気記事ランキング


タグ一覧



月別アーカイブ


Original

モバイルワークの効果を最大限に引き出そう

モバイルワーク、リモートワークがますます普及しています。これはビジネスにおいてどのような影響を及ぼしているのでしょうか?また、移動中の従業員間の効果的なコミュニケーションとコラボレーションは、どのようにしたら確保できるのでしょうか?

従来型の働き方 〜会社へ通勤し、9時〜17時勤務して帰宅する〜 は、新しいテクノロジーが生まれるたびに変化しています。

スマートフォンやタブレットから、企業向けのコラボレーションツールに至るまで、遠隔地や外出先で仕事をすることはますます容易になっています。これにより、従業員は、外出先であっても、効率的で、責任感を持ち、生産的に業務を行うことができます。雇用主は、モバイルでの労働力を持つことの利点を認識し、これを可能にする技術を採用しはじめています。

2022年には、世界で働く従業員の42.5%がモバイルワーカーになると推定されています。それはY世代(生まれながらのデジタルネイティブ)が就職を迎えるときに顕著です。

2020年までにインスタントメッセージ、Instagram、Facebook を使用して成長してきたY世代は、従業員の35%を占めると言われています。彼らはまた、オンデマンド技術に対する期待感も持っています。意欲的なY世代が期待するような、即時アクションがなかなか実行できない企業は、意欲的で有能で生産的な労働力を失望させてしまうかもしれません。


リモートワーキングやモバイルワーカーは、ビジネスにどのような影響を及ぼすのか

満足度の高い従業員は、より生産的な従業員といえます。彼らはまた、会社に長く所属する傾向があります。フレキシブルな働き方は、従業員に、仕事と生活(家族の時間)とのバランスを与え、通勤のストレスや忙しいオフィス環境での混乱を最小限に抑えることはよく知られています。他にも、以下のような効果が挙げられます。

  • 欠席が少ない
    自宅で働く従業員は病欠の日数も少なくなるようです。これは、ストレスレベルの低下、または空気中の病原菌が職場よりも少なくなることが関係するようです。フレキシブルな働き方で、人々が歯科や通院の予定を調整することも容易になります。

  • コスト削減
    従業員がリモートで作業できるようにすることで、コストを削減できます。優れた小規模オフィスやホットデスキング、モバイルデバイスの供給は、間接費を削減するのに役立ちます。
  • 有能な人材の確保
    企業は、プロジェクトベースで在宅のフリーランサーやコンサルタントなどの優秀な人材にアクセスできます。フリーランサーは柔軟性と選択肢を得ることができ、雇用者は人材採用のコストと福利厚生などを節約できます

  • 環境問題へのアプローチ
    環境問題に対しても、モバイルワークとリモートワークのメリットがあります。自宅で働く人の増加は、通勤者による「移動」の減少を意味します。つまり、CO2排出量を減らし、公共交通機関の混雑などを減らすことにも繋がります。


モバイルワーカーが効果的に協力し合うには

モバイルワーカーが力を発揮したり、リモートワーカーがイニシアティブを握っていけるかどうかは、会社が彼らをどのように管理し、サポートしているかにより異なります。例えば、社外で働く従業員が孤立していると感じたり、チームの精神を忘れてしまったり、コミュニケーションが難しくなるリスクがあります。そして、すべての人が在宅で働くことに向いているわけでもありません。

しかし、Workplace のようなコラボレーティブなプラットフォームは、誰もがチームの一員であることを実感するするのに役立ちます。例えば、Hootsuiteは、(プラットフォームを利用する以前に)チームメンバーが、職場内やプレゼンテーション、メッセージなどで展開される重要な情報を見落としてしまっていることを発見しました。

そこでHootsuiteでは、グループやニュースフィードといった Workplace のツールを利用し、人々のコミュニケーション方法を合理化しました。これにより多くのアイデアが生まれ、それらを共有する新しい方法を提供できるようになりました。そしてこれは、人々や組織がより多くの仕事を処理し、より生産的になることにも役立っています。

Workplace は、情報を共有したり、プロジェクトにおいて共同作業するためだけのプラットフォームではありません。同時に、チーム内での強力でプロフェッショナルな関係を築くための素晴らしい方法でもあります。

チーム全体が、たとえ世界のどこにいても、仲間であることを感じられます。職場や自宅、外出先など、誰もが自由にコミュニケーションをとって、プロジェクトで最高の成果をあげることができるでしょう。