人気記事ランキング


タグ一覧



月別アーカイブ


Original

チームワークがうまく機能するコツとは?

チームワークに問題がある場合は、グループ内の人物と役割が適切に割り振られていない可能性があります。チームワークをよりよくするいくつかの方法を見ていきましょう。

チームが最も効果を発揮するには、さまざまなパーソナリティと強みが混在している必要があります。 例えば、チームに6人のリーダーがいたら効率よく動けず、また細かいことに気がつける人もいなくなってしまうかもしれません。どのようにチームは動くのか、そしてチームワークスキルを向上させるために必要なことはどういうものかを見ていきます。


役割を正しく配置する

適切なチームを作るためには何が必要かについては、さまざまな考え方があります。中でも、よく言及されるモデルのひとつは、イギリスのヘンリーマネジメントカレッジのMeredith Belbinによって開発されたベルビン理論です。 Belbin氏によると、チーム内には9つの重要な役割があるようです。

  • リソースの捜査官:好奇心を持ち、チームにアイデアをもたらします
  • チームワーカー:チームを第一に考え、他のメンバーが仕事を完遂できるようサポートします
  • コーディネーター:チームとしての目標に重点を置き、効果的な配分をします
  • プラント:創造的で問題解決ができます
  • 評価者:課題を論理的かつ客観的に分析できます
  • スペシャリスト:特定の分野に関する深い知識を持っています
  • シェイパー:プロジェクトを推進、継続します
  • 実行者:効果的な戦略を計画します
  • コンプリーター:細かく精巧な作業に気がつくことができます

あなたのチームが想定どおりに機能していない場合、その原因は最適なチーム構成となっていないからかもしれません。例えば、「プラント」の役割を担う人が多すぎるのかもしれません。あるいは、誰も「実行者」の役割を果たしていない可能性もあります。なにかの役割が多く偏ったりせずバランスを正しく取ることで、全員のチームワークスキルを向上させることができます。


目的意識があること

目標を明確にしないと、効果的なチームワークに悪影響を与えます。ゆえに、チームのリーダーは明示的にチームの目標を立てるために、十分な時間をとる価値があります。何を達成しようとしているかを全体で共有することが欠如していれば、チームはすぐにバラバラになってしまうでしょう。

チームのミッションとビジョンが確立できたら、それを全員と共有し、プロジェクトの過程においてもそれに立ち返ることができます。


違いによる衝突を解決する

チームワークに影響を与えうる別の問題は、異なる働き方の問題です。例えば、1人のチームメンバーが非常にプロセス重視であるとき、別の人は、よりリラックスした、自発的で柔軟な方法で仕事がしたいと思っているかもしれません。

しかし、異なるアプローチ方法は、チームにとって補完的で、有益なものになる可能性があります。あなたのチームリーダーは、違いを積極的にフレーム化する方法を見出していく必要があります。プロジェクトにおいて、新しく、斬新で、異なった視点を持ち込むことで、チームをマネジメントしていきます。


コミュニケーションを促進する

コミュニケーションの悪化は、さまざまな衝突やチームでのパフォーマンス低下のよくある原因です。したがって、コミュニケーションを改善することは、チームとしてより良く働く方法を検討する際に重要です。

適切なコラボレーションツールを採用すれば、コミュニケーション改善を実現する上で重要な役割を果たしてくれます。 Workplace のようなプラットフォームは、オフィスや支店の異なるチーム間でより良いコラボレーションを可能にします。Workplace のようなツールを使用すると、チームはリアルタイムでメッセージを送信したり、プロジェクトメンバーと音声通話やビデオ通話をしたり、文書を容量無制限で簡単に共有することができます。

優れたチームワークは、テクノロジーによるものではなく、人に関するストーリーであることが往々にしてありますが、組織が使用するツールは、チームが効果的に連携して作業する能力にも直接的なインパクトを与えます。

あなたの組織の距離を縮め、参加を奨励するようなツールを探しましょう。そうすれば、一人ひとりがチームの重要な一員であると感じ、チームワークを強化することができるでしょう。