人気記事ランキング


タグ一覧



月別アーカイブ


Original

なぜ従業員のエンゲージメントが重要なのか

従業員のエンゲージメントについて話すとき、人々はどんなことを意識しているでしょうか?エンゲージメントの高い従業員はよい従業員なのでしょうか?トレンドになっている言葉の背後にある意味を探ります。


従業員のエンゲージメントとは何を意味しているのか?

従業員のエンゲージメントはスタッフが組織のために力を注ぎ、その仕事によってモチベーションが高く保たれていること、と広く定義できます。
Workplace の専門家はエンゲージメントをさまざまな方法で形づくってきました。キングストンビジネススクールによると、従業員のエンゲージメントには、知的で感情的な社会への貢献といった要素が混在しているといいます。つまり、仕事について考え好感を持ち、職場の他の人と話し合う機会を持つ、といったようなことです。


スタッフのエンゲージメントはどのようにビジネスを手助けするのか?

どのように定義するにしても、従業員のエンゲージメントは、単に組織にとって"良いこと"というだけではありません。
Officevibeの調査によれば、高いエンゲージメントのある企業は、顧客満足度が10%上昇し、売上高も20%増加、従業員の80%は雇用主のためにより多くの時間働くといいます。
また、スタッフのエンゲージメントは、利益、顧客ロイヤルティ、生産性、欠席率、スタッフの転職、健康にも大きな影響を与えることがあります。


なぜ従業員のエンゲージメントは、そのような違いをもたらすのか?

これは主に従業員が「自律的な努力」と呼ばれるものを実行しているためです。人々が自分のタスクを完了するために必要なものを超えて、努力していることを意味します。そして、その理論は、従業員のエンゲージメントが強いほど、より自律的な努力がなされるといわれています。これは必ずしも人々が長時間働くということではなく、より影響力のある方法で仕事にあたることができるということです。


満足度の高い従業員はエンゲージメントが高い?

従業員のエンゲージメントは従業員の幸福度や満足度よりもはるかに大きい影響力を持ちます。 CIPDが指摘しているように、満足している従業員は、必ずしも組織への貢献を重視しているわけではありません。同様に幸せな従業員が、ハードに働いているとも限りません。たとえ従業員が本当に組織のことを考えていても、その目的やプロセスにエンゲージしていない限り、正しい方法で組織に貢献することは難しいでしょう。

本当の意味でのスタッフ参加、エンゲージメントとは、働く組織と本質的なつながりを持ち、組織が必要なことを真に理解し、それを実行したいと自ら望むことです。このためには、コラボレーションが必要です。


自分たちの組織で従業員のエンゲージメントを高めるには?

すべての組織は異なる存在で、エンゲージメント実現のために「これさえやっておけばいい」といった道があるわけではありません。しかし、チームワーク、コラボレーション、オープンなコミュニケーションというものは常に重要です。

従業員にとって真のエンゲージメントを維持することも容易ではありません。Cascade HRの調査によると、人事部マネジャーの44%が、2018年最大のハードルは従業員のエンゲージメントだとしています。また、前述のOfficevibeの調査によると、世界中の従業員13%のみが高いエンゲージメントがある状態だといいます。

これらの課題を解決するために、従業員はできるだけ簡単にコラボレーションできる必要があり、一方で雇用者は従業員をサポートし、理解しフィードバックを提供する方法を見つける必要があります。 Workplace のようなツールは、人々がつながり、共通の関心事を話し合ったり、アイデアを共有したり、新しい働き方を発見したり、従業員のエンゲージメントをサポートするのに理想的です。