人気記事ランキング


タグ一覧



月別アーカイブ


Original

コラボレーションに有効な3つのツール

組織はひとつひとつ異なりますが、コラボレーションの必要性はすべての職場で共通していることです。Workplace は、効果的なオンラインコラボレーションを手助けするさまざまなツールを用意しています。どのツールがあなたの会社に最適かどうかをみていきましょう。

コラボレーションとチームワークはスムーズに稼動し、生産的なビジネスを実現する上で最も重要な要素です。同僚間のアイデアやスキルの共有は士気や責任感を高め、人々がお互いに学び合い、より豊かで成功した製品やサービスを生み出すのに役立ちます。

では、企業はどのようにして社員間のコラボレーションをサポートできるでしょうか?どのくらいのリソースであれば、それを実現できるでしょうか?また、従業員がどこを拠点にしているのか、どんなプラットフォームでコミュニケーションを取る必要があるのかも重要な検討要素です。

今日、人々がコミュニケーションできる多数のデジタルプラットフォームは、共通してオンラインコラボレーションを簡単かつ効率的にしています。


ビデオ通話:遠隔地の同僚とのミーティング

絶えず進歩を続ける技術の利点は、世界中のどこにいても人々より簡単に連携ができることです。

ビデオ通話は、オフィスの従業員が自宅や他の支店、さらには遠く離れた海外出張に出ている同僚とも簡単に会議をすることができます。ビデオ通話プラットフォームは、誰もが会議に参加できるアクセス性を担保し、誰かが大事な議論を逃す心配はありません。


チームメイトとのグループチャット

グループチャットを立ち上げることで、同じプロジェクトで作業しているチームメンバーが、アイデアを共有し、自分の作業内容をお互いにアップデートするための素晴らしいプラットフォームとなります。

Workplace チャットのようなオンラインコラボレーションツールは、チームメイトがアイデアや無制限のファイルを、すばやく効果的に共有できるということを意味します。世界中で利用されている Facebook メッセンジャーやWhats Appに似ている使い慣れたインターフェースは、プラットフォームに精通するプロセスを早め、誰もが簡単に使用できるようにします。

グループチャットの最も重要な点は、同僚がオフィスのデスクや自宅、移動中のいずれの場所にいても、いつでも連絡を取り合うことができることです。


共有ファイルを保存するためのオンラインプラットフォーム

スムーズなコラボレーションを実現する1つの方法は、チームメンバーが、必要なときにすべての文書、画像、ビデオ、およびアイデアが利用できるように、チーム内すべての作業を保存しておくスペースをつくることです。

このようにして、プロジェクトに携わっているすべての人は、TODOリストの中で、何が完了したのか、次にやるべきことは何かを、アップデートすることができます。すべてのメンバーがプロジェクトの仮定と進捗に参加し、理解できます。

また、プロジェクトに関わる人が病気になったり、休暇中でなくなったり、何らかの理由で休みをとったとしても、彼らの仕事は誰からでもアクセス可能であり、文書を検索したり慌ててて電話をかける時間が削減されます。